今年の1月23日、JCBから『JCBギフトカード5000円券』の偽造券214枚が使用され、
管轄警察署に被害届を提出されるという事件が発生しました。

1月15日と19日に神奈川県、東京都の百貨店やスーパーで、合計214枚の
偽造JCBギフトカードが使用され、21日に精算のため各店がJCBに登録番号を報告した際に発覚しました。

この報道から、使用されたJCBギフトカードの精算締日は20日であることがうかがえますが、
現在2月25日時点でその後の報道がないので、さらに偽造券が見つかったかどうかはわかりませんが、
商品券市場、金券市場での偽造券による影響などをお伝えします。

あくまで私の主観ですが、東京では偽造券発覚当時は少なからず影響がありました。
甲南チケットの一部の店舗などでは、JCBギフトカードの買取りは一時的に行われなかったようです。

現在は甲南チケットでも買取再開しているようですが、
他店でも、JCBギフトカード5000円券の買取りがあると、枚数が何枚であれ、
一枚一枚指で券面をなぞり、偽造券でないかの確認をしている光景を見かけます。

JCBギフトカードの偽造券は、非常に精巧に造られているそうで、
ホログラムなども一見して本物と見分けがつかないそうですが、
裏面のJCBギフトカード主要加盟店一覧に「パルコ」の記載が「バルコ」になっていたりと
誤字がいくつかある点と、右下の券面額「5000」という表記とその左側の模様部分が
本物は特殊な印刷が施してあり、指でなぞるとザラザラしていますが、
偽造券はツルツルしているそうです。

現在の商品券市場では、換金率も通常で、買い控えもみられないです。
影響としてはJBCギフトカード5000円券の買取りに、一枚一枚指で確認作業が入るため、
少々時間がかかるというくらいのようです。

JCBギフトカードを、店頭に持ち込んで買い取りを希望される方を見かけますが、
店員が、「偽造券発覚により、一枚一枚確認させて頂いているので、時間がかかりますがよろしいですか?」
と断りを入れています。

今のところ、影響と言えばそれくらいですが、
新たな偽造券が発覚してしまったら当然さらに警戒されることが予想されます。
現在は、金券ショップに偽造券が持ち込まれたという例がないため、この程度の影響ですんでいるのでしょう。

金券ショップは金券のプロではありますが、実際の買取りはアルバイトが担当することもありますので、
偽造券を買い取ってしまったら、大きな損失になります。
また、買い取った偽造券を販売してしまったら責任問題になりかねません、

このようにしてもしも偽造券が流通してしまうと「JCBギフトカード」自体の信用が失墜し、
換金率なども大幅に下がることが予想されます。

現在JCBギフトカードの売却を検討していて、心配な方は、
換金率に影響が出ていない今売却してしまった方がよいかもしれませんね。

JCBギフトカード5000円券

The following two tabs change content below.
みつもと幸太
普段は一般的な会社員やってます。ギフトカードや商品券、金券などをクレジットカード購入する方法をまとめたサイトやってます。 ▼商品券クレジットカード購入▼商品券や金券についてどこよりも詳しいブログ・サイトを目指してます。ギフトカードなど使いこなせばかなり生活費も節約できますし、ぜひ主婦の方などにも参考になる情報をどんどん掲載していきたいと思っています。ぜひブックマークして下さい。よろしくお願いします。